『笑っていいとも!』が2014年3月で終了することが10月22日の同番組放送中に発表された。

日本中に衝撃を与えた突然の知らせだが、同番組の看板コーナー「テレフォンショッキング」の最後のゲストが誰になるのかという話題が、ネット上では話題となっている。

以前に出演した際に43分間喋り続けるという記録を残した黒柳徹子や、タモリとともに“BIG3”に挙げられる明石家さんまビートたけし、そして過去にタモリと確執があった状態で同コーナーに出演した小田和正らの名前が挙がっているが、最も期待されているのは女優の吉永小百合の出演である。

タモリは吉永小百合の大ファンとして知られ、別の番組では共演したことはあるものの、「テレフォンショッキング」に吉永が出演したことは一度もない。

「テレフォンショッキングは、もともと第1回ゲスト桜田淳子から始まって、友達紹介システムで吉永小百合に辿り着けるか?(タモリは吉永小百合ファン)っていう企画なので、もうルール変わってるとはいえ最終回ゲストは吉永小百合さんがいいんじゃないでしょうか」

という、コーナー設立に関する噂を持ち出したうえで吉永の出演を願うツイートも投稿されている。

果てして最後のゲストは誰が務めるのか?注目していきたいところである。

2013年9月14日に、青森県・夜越山スキー場で行われる「AOMORI ROCK FESTIVAL ~夏の魔物~」に出演が決定しているビッグダディ。

ビッグダディが夏フェスに参戦して一体何をやるのか?謎のベールに包まれていたのだが遂にその内容が判明した。

なんとビッグダディはプロレスラーとして参加するというのだ。

柔道経験があることは自伝で書かれてはいるが、おそらくプロレスの経験はないと思われる。そもそもビッグダディにプロレスができるかどうかすら疑問が残る。そして心配なのが怪我だ。素人がリングに上がって、他のレスラーとまともに渡り合えるはずがない。はたして本当に戦えるのか!?

当日、実はもう一人気になる出演者がいる。それはFMWの創設者で元参議院議員の大仁田厚氏である。もしかしたら、大仁田氏もリングに上がることになるのでは…。

さらに、このフェスには川越達也シェフも参加することになっている。まさか川越シェフも…!?

9月14日の青森は何が起こるか目が離せない!

 

小泉今日子が、大ヒット中のNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で演じている天野春子名義で、挿入歌「潮騒のメモリー」のシングルCDを31日に緊急発売することが判明した。

「潮騒のメモリー」はドラマのカギを握る楽曲で、劇中では春子がアイドルを目指した86年にヒットした同名映画の主題歌として扱われている。娘で主人公のアキ(能年玲奈)が親友のユイ(橋本愛)と「潮騒のメモリーズ」を結成し、同曲を熱唱することで地元アイドルとして人気を博し、19日の放送では同曲を春子が影武者としてレコーディングしていたことが明らかになったばかり。

80年代歌謡曲風のメロディーと、脚本の宮藤官九郎が担当した「ジョニーに伝えて 千円返して」「三途(さんず)の川のマーメイド」などの遊び心溢れる歌詞が話題となり、CD化を熱望する声は多かった。小泉は「楽曲の世界観を大切に、もう全力で17歳のマーメイドな気分で歌いました」と、ノリノリのコメントを寄せている。

次に期待が集まるのは紅白出場である。ドラマは6月29日に22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の最高視聴率を記録し、「じぇじぇじぇ」が流行語になるなど社会現象化しており、NHKが小泉サイドに出演をオファーするのは間違いない。

実現すれば88年以来、実に25年振りとなるNHK「紅白歌合戦」出場。いやがうえにも期待が高まるはずだ。

 

潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)

 

先日、NHKの音楽番組『第45回 思い出のメロディー』の司会を務めることが発表された杏に、早くも『NHK紅白歌合戦』紅組司会者内定の噂が囁かれている。一方で、白組については、既にSMAPの司会でほぼ決定しており、“ジャニーズ枠”の出演者も方向性は固まっているという。

昨年の『紅白』では、SMAP、TOKIO、嵐、NYC、そして初登場の関ジャニ∞という計5つの出場枠を持っていたジャニーズだが、今年は1枠減の4枠になるようだ。SMAPTOKIOが確定的で、残りの1枠に滑り込むのは、Kis-My-Ft2でないかといわれている。

SMAPマネジャー飯島三智氏の寵愛を受けるキスマイは、SMAPなど先輩グループとの共演でテレビに露出し、今やテレビで見かけない日はないほどの人気グループに成長した。テレビ業界に多大な影響力を持つといわれる飯島マネジャーだが、キスマイの紅白初登場に関して、こんな“駆け引き”をしていたのだという。

「NHK側は、昨年で嵐の連続司会はストップ、今年はSMAP全員、または中居正広を司会に起用というのが希望だった。そこで飯島マネジャーは、SMAPの司会者起用の条件として、キスマイの出場を強く推した。この交渉が、うまく実ったというわけです」(某テレビ局プロデューサー)

紅白本番まではまだ5カ月もあるが、キスマイファンにとってはうれしい年の瀬となりそうである。


Goodいくぜ! (初回生産限定) (Kis-My-Zero盤) (2枚組ALBUM)

⇒ヤフーオークションで「Kis-My-Ft2」を探す!

オアシズ・大久保佳代子が、年下男性を自宅マンションに“お持ち帰り”したことが報じられ話題となっている。

都内のイタリアンレストランで、芸人のいとうあさこ、そして、ヒゲがよく似合うガッチリした体形の男性と3人でいたという。3人が店を出たのは午前0時前で、大久保は親友のいとうは置き去りにして、男性と2人でタクシーに乗り込み、大久保の自宅マンションへ向かったという。そして、2人がマンションから出てきたのは翌朝10時過ぎだったそうだ。

大久保といえば、アラフォー不美人の“性欲強いキャラ”が、ウケているわけだが、以前、彼女が明かしていた男を落とすマル秘テクを幾つか紹介しよう。

・合コンでトイレに立つ際、狙った男性のうしろを狭そうに抜けるときに使う技で、わざと腕・肩・背中にぶつかりながら、頭・肩・腕を触るという高等テク6点攻めの男性タッチ

・ペットボトルで飲むとき口を半開きにする。

・わざと隙を見せる

また、男を落とすために毎朝、エクササイズのDVDを見ながら運動しているそうだ。しかも、心の中で“抱かれてやる、抱かれてやる”と思いながら…。

さすがは肉食系女子!こんな努力もしているのだ。

他人の高級自転車を無断で撮影してネットオークションに出品し、落札された後に盗んだとして、警視庁池袋署は2013年7月9日、プロ社交ダンサー兼お笑い芸人の「兼島ダンシング」こと兼島信茂容疑者(39)を窃盗容疑で逮捕した。

実はこの事件、2ちゃんねるの自転車オークションスレッドで話題になっており、6月19日の時点で犯人の名前が浮上していたというのだ。

事の発端は6月17日のことだ。ある自転車愛好家のブログに自転車盗難の記事が公開され、大量盗難被害が明らかになった。いずれの自転車も高級車で、高いものだと50万円以上にもなるという。

さらにその日の夕方、ヤフオク!に盗まれた自転車をはじめ、盗まれていない自転車まで何者かが出品していたというブログが更新された。

被害者はこの時点で、犯人がガレージから自転車を引き出して一台ずつ撮影し、物を手元に置く期間を短く済ませるために盗む前にオークション出品、成立したら盗み、成立しなかったものは盗まないという狡い手口だったのではと推測していた。

被害者が自転車愛好家の間でちょっとした有名人だったこともあり、この盗難事件は2ちゃんねるの自転車オークションスレッドですぐに話題となった。

まず、被害者がオークションに出されていた自転車の写真をブログに掲載したことから、オークションの該当ページがすぐに特定され、出品者のIDが明らかとなった。

さらに、「出来れば引き取り希望です。都内JR池袋周辺。有楽町線要町周辺」とオークションページに注意書きされていたため、池袋周辺に住んでいるか、または縁の深い人物と推測された。

また、このIDのユーザーは過去にバイクも出品しており、そのバイクに乗っている兼島容疑者の写真を掲載した芸人仲間のブログが見つかったため、「兼島ダンシングが犯人では」と犯人と思われる名前が特定された。

極めつけは、社交ダンスサークルの「ステップワン池袋」のインターネット掲示板で、「かねしま」というハンドルネームの人物が、犯人のヤフオクIDと同じIDを使用したメールアドレスを自身の連絡先として書き込んでいるのが見つかった。

「池袋」「社交ダンス」「ID」「かねしま」、オークションページから読み取れることと掲示板の書き込みで明らかになったことが一致し、2ちゃんねるではこの時点で「兼島が犯人で確定だ」という流れになったのだ。

その後警察の動きが全く報じられず2ちゃんねらーはやきもきしていたようだが、犯人浮上から約3週間経ち、無事犯人逮捕に至った。

「笑っていいとも!」で、メインMCであるタモリが出演しないコーナーが増えている。

いいとも!では、曜日レギュラーがMCを務めるコーナーにもパネリストとして参加し、タモリが出ずっぱりで番組を盛り上げてきた。

しかし、7月1日から出演しない時間帯がつくられており、体調不良説やギャラで揉めている説など視聴者からは様々な憶測が飛び交っていたが、“意図的にタモリを出さないコーナーを始めた”というのが真相のようである。

2012年度まで24年連続して同時間帯の民放トップを記録している「笑っていいとも!」。それでも「ヒルナンデス!」「ひるおび!」「ワイドスクランブル」などの裏番組にジリジリ差を詰められているのは間違いない。曜日によっては抜かれるケースも出てきている。テコ入れは避けられないし、場合によってはドラスチックな見直しが必要と考えられているようだ。

タモリは8月で68歳を迎え、どうしても衰えは隠せない。いざというときに備えて、まずはタモリが出ない場合に視聴者がどう反応するのか、実験的に様子を伺うことを番組側が考えているとしてもおかしくない。

昨年10月に30周年を迎えた長寿バラエティー「笑っていいとも!」。「森田一義アワー」からタモリが消えても進化を続けている。

NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、ヒロインの能年玲奈の盟友役を演じる橋本愛が、劇中でグレたヤンキーの姿となり視聴者を仰天させたのは記憶に新しいが、3日に登場したイベントでも、ふてくされた態度で集まった報道陣を仰天させてしまった。

橋本はかわいらしい浴衣姿でコンタクトレンズのPRイベントに登場。コンタクトレンズを中学生の時から使用しているというが、「最初は医者に『(目に)ゴミを入れてるのと一緒だよ』って脅されたのでマイナスからのスタートだった」と、いきなりスポンサーの目の前で仰天発言。

また、登場したCMで歌声を披露しているが、司会者から「歌が印象的でした」とマイクを向けられると「歌ってないですよ。セリフだったので。全部」「かわいい人形でいようと思ってやった」など、沢尻エリカがブチかました「『別に……』発言」を思い出させるような不機嫌ぶりだったという。

「まるであのヤンキー姿が“本性”じゃないかと思えたほど態度が悪かった。スポンサーサイドや事務所関係者は会場の隅で凍り付いていた」(取材した記者)

橋本の所属事務所は、きちんと仕事をこなしていればあまり五月蝿く言わないのだという。5月に『フライデー』で俳優の落合トモキとの交際を報じられた際も、『週刊文春』が落合と訪れたバーを直撃し、橋本が未成年飲酒していた証言をとったが、事務所が必死にかばって穏便に収めてしまったのだという。そのため、橋本本人の中には『今の人気ならある程度のことは許される』という油断が生じ、今回のイベントのような態度に繋がってしまったと推測される。

あのエリカ様も、素行の悪さや、いまだに解決しない離婚騒動の影響で今や開店休業状態だ。橋本の事務所もその辺をきちんと教育しないとどんどん増長し、そのうち沢尻どころではないほど手に負えない女優になってしまうかもしれない。


Give and Go―ギブ アンド ゴー― [DVD]

⇒ヤフーオークションで「橋本愛」を探す!

 

ペニオク騒動がきっかけで、メディアへの露出が激減している小森純が、東京都渋谷区桜丘町にカフェ「しぶや区」を3カ月の期間限定でオープンさせた。

プレオープンには、事務所の後輩である鈴木奈々をはじめ、山本優希、ソンイ、藤田志穂などモデル仲間が多数来店。彼女たちのブログには、笑顔で厨房に立つ小森の写真や、店の様子が続々掲載された。

メニューは、チキンカレーや自家製ボロネーゼなどのメイン料理に、サラダ、マッシュポテト、クラムチャウダーがセットになったプレートや、注文を受けてから焼き上げるパンケーキなどが並んでおり、どれもドリンク付きで1,000円程度と、渋谷のカフェとしては良心的な価格設定だ。


小森純のモトカレ・レシピ

小森は、2月3日の『サンデー・ジャポン』に生出演し、騒動について涙ながらに謝罪したものの、共演者の西川史子に「顔も見たくない」と一蹴されるなど、世間からさらなるバッシングを受ける事態に発展。イベントなどには出演はしていたものの、テレビからは4月以降姿を消していた。

小森の再起について、ネット上では「カフェ1本でやってもらいたい。もうテレビには出ないでほしい」といった厳しい意見や、「“ペニオ区”じゃないんだww」などと揶揄する声が目立つ一方で、「純ぽ(小森の愛称)のカフェ行きたぁ~い!!」「ヤバイ! 憧れの純ちゃんのお店行きたい!」と雑誌「EDGE STYLE」の読者層や、渋谷に憧れる若い女性達から支持を集めており、開店日にはすでに若い女性が詰めかけたという。

早くもギャルの聖地となりつつある「しぶや区」。鈴木奈々や山本優希などのカリスマギャルモデルたちが一斉に宣伝したことで、若い女性たちから『ここに行けば、憧れのモデルに会えるかもしれない』と期待の声が上がっているという。モデル仲間のブログから人気に火を付けるとは、おバカキャラで売っていた小森は、どうやら結構な“やり手”かもしれない。

カフェレストラン「しぶや区」は、平日は11時半~17時、土日祝は11時半~16時までの営業だ。

歌手・安室奈美恵の最新ミュージックビデオ「Let Me Let You Go」が25日、動画サイト上で公開された。同MVは、米ロサンゼルスの夕暮れの海辺で、安室が白いピアノを弾きながら情感たっぷりに歌っているもので、ピアノ演奏は本人の提案によるものだという。

メディアは「安室奈美恵、ピアノ演奏初披露」などの見出しで大きく取り上げ、7月10日発売のアルバム『FEEL』(Dimension Point)のビッグセールスが期待されている。

しかし、このMVについて、タレントのふかわりょうが30日、自身のラジオ番組で痛烈に批判をした。

ふかわりょうといえば、幼少期からピアノを習い、芸能界屈指の腕前を持つことで有名である。また、1998年頃からROCKETMAN名義で音楽活動を行い、シングルがiTunes Storeで1位を獲得するなど音楽好きの間で支持を集めている。

そんなふかわが、自身のラジオ番組『ROCKETMAN SHOW』(J-WAVE)で、同MVに映る安室の指元について、

「指の形が、どうしても初心者の形」
「その弾き方では、この音は絶対に出ない」

と“当てぶり”であることを指摘したのだ。

「(“弾き語り初披露”をうたうのなら)発表する音は自分で奏でた音じゃないとアウトだと思っている」としたうえで、「安室さんというのは、アーティストではなくパフォーマーなんだ、と思った。アーティストだったら、あれはできない」と述べ、さらに「安室ちゃんのファンの中にも、軸足がピアノにある人がいる。そういう人はたぶん、すごく悲しい気持ちになってると思う」と話し、レコード会社のエイベックスに対しても「音楽業界を舐めてんのか?」と痛烈に批判をした。

ネット上ではこれを受け、『演出と割り切れば、当てぶりでもいい』といった意見もある一方で、『安室ちゃんにがっかりした』『しょせん、アイドル歌手だった』という声があがっている。

はたして、音楽にも真剣に取り組んでいるふかわの声は、安室側に届くのだろうか?


FEEL (ALBUM+DVD) (特典ポスター無)